目の下の白いポツポツの取り方!原因と対策は?

メイクなどで鏡を見た際に、目の下の白いポツポツが気になったことはありませんか?ニキビとも異なる白いポツポツの正体を探るとともに、出来てしまう原因と取り方を考えていきましょう。

朗報!現役12年美人皮膚科医が開発した白いポツポツを撃退するジェルが新発売!

初回限定82%OFFキャンペーンはこちら

 

目の下の白いポツポツの正体はニキビじゃない?

目の下の白いポツポツを見つけた時に、ニキビと思って対処をした方もいるのではないでしょうか。実はこのポツポツ、ニキビとは異なる場合があるのです。

 

稗粒腫について

特に目の下に出来ることが多い白いポツポツの中には「稗粒腫(はいりゅうしゅ)」と呼ばれるものがあり、これは脂肪の塊と言われています。稗粒腫はごく小さな1ミリ程度のニキビのようなもので、袋状になっています。そして痛みや痒みがないことが多いことも特徴です。この稗粒腫は古い角質が溜まって出来てしまったものであると考えられており、そこから脂肪の塊とも呼ばれています。

 

白ニキビについて

そして稗粒腫と間違えられる事が多いのが「白ニキビ」です。白ニキビも直径1ミリ程度で古い角質が詰まって出来るものであるため、見た目は稗粒腫ととても似ています。白ニキビは赤くなり炎症を起こす前の段階なので稗粒腫と間違えられる事が多いのですが、放っておくと炎症を起こし、赤ニキビへと発展してしまう可能性があります。白ニキビか稗粒腫か判断に迷ったら、そのポツポツが赤くなったり大きくなったりしないか、痛みや痒みがあるか、そして破れそうなほど柔らかくないかを確認しましょう。これらに該当する場合は白ニキビである可能性が高くなります。

 

イボについて

そして稗粒腫と間違えられやすいものの一つとして、イボも挙げられます。イボの場合は小さい段階で発見した場合、稗粒腫と見分け辛いことがあります。しかしイボの場合は次第に大きくなったり、その形が円形だけでなくいびつな形のものもあるため、大きさや形から判断すると良いでしょう。また、イボの中でも稗粒腫と似ているものに「水いぼ」というものがあります。この水いぼはウイルスによって引き起こされると考えられており、複数のイボが一ヶ所に固まって現れるのが特徴です。稗粒腫や普通のイボとは異なり、痒みを伴い、イボ自体が破れやすいために他の部位に広がってしまったり、プールなどで他人に移してしまったりすることがあるため注意が必要です。白いポツポツを発見した際には感染力のあるイボである可能性もあるため、その正体をきちんと見分けられるようになりましょう。そして痒みや痛みが無く、破れやすいポツポツでない場合は稗粒腫の可能性が高いと言えるでしょう。

 

\白いポツポツ、首イボにはこちら/

 

目の下の白いポツポツの原因

目の下の白いポツポツがニキビやイボではない場合、そのポツポツは稗粒腫である可能性が高いと考えられます。この稗粒腫に対処するためには、稗粒腫が出来てしまう原因を知っておくことが大切です。

「続発性稗粒腫」と「原発性稗粒腫」について

まず、稗粒腫には2種類あり「続発性稗粒腫」と「原発性稗粒腫」に分けられます。「続発性稗粒腫」とは、火傷などによって皮膚が刺激を受けた時やステロイドの使用による副作用などにより出来るもので、周囲に赤みを伴うこともあります。そして「原発性稗粒腫」は性別や年齢問わず出来るもので、実はその原因はまだ特定されていません。ですが女性や赤ちゃんなどに出来ることが多く、出来る部位は目の周りなどの皮脂分泌が少ない部位に出来ることから、毛穴に角質が詰まって出来るものと考えられています。

 

毛穴に角質が詰まる原因(ターンオーバーの乱れ)について

毛穴に角質が詰まる原因としては、ターンオーバーの乱れが挙げられます。ターンオーバーとはお肌の生まれ変わり周期のことで、このターンオーバーが乱れると古い角質が排出されずに皮膚の内部に閉じ込められ、その詰まった角質が稗粒腫などに繋がってしまう可能性があるのです。

 

ターンオーバーの乱れを改善する方法

ターンオーバーが乱れてしまっている場合、まずは生活リズムを見直しましょう。仕事が忙しく残業が続いたり、飲み会などによって充分な睡眠が取れていない場合、免疫力が低下している可能性があります。そして睡眠不足は肌荒れや体の不良を引き起こし、体の調整機能が正常に働かなくなり、ひいては新陳代謝を低下させてしまうことに繋がってしまいます。また、新陳代謝はストレスによっても低下してしまうことがあります。仕事などでストレスを感じている場合は、自分に合った方法で極力ストレスを解放することを心掛けましょう。

稗粒腫に繋がると考えられている古い角質や脂肪のかたまりは、皮脂の分泌量によっても出来やすさが異なります。日常的に脂質を多く摂る方は皮脂の分泌量が多くなっている可能性があるため、過剰な脂質の摂取を控えることをおすすめします。脂質とは揚げ物の他にも肉類に含まれる脂やスナック菓子やファストフードに多く含まれています。そしてチョコレートやケーキなどのスイーツにも脂質が多く含まれているものがあるため気をつけましょう。規則正しい生活を心掛けて充分な睡眠時間を確保し、健康的な食生活を送ることで稗粒腫が出来る原因を減らすことが出来るでしょう。

 

目の下の白いポツポツの取り方!

目の下に白いポツポツが出来てしまった場合、なんとかして治したいと考える方もいるでしょう。そこで目の下のポツポツの取り方を紹介します。

 

皮膚科・美容外科での取り方について

一刻も早くポツポツを取りたいと考えている方は、プロである皮膚科や美容外科を頼る取り方を検討してみるのも良いでしょう。皮膚科での代表的な取り方として、レーザー治療があります。これは稗粒腫に対してピンポイントでレーザーを照射することで、ポツポツを焼いてしまうという取り方です。多少の痛みはありますが、出血はほとんどなく短時間で施術は終わります。そして個人差はありますが、約1週間ほどでキレイになります。

 

レーザーと一口に言っても数種類あり、稗粒腫の治療で行われるのは主に炭酸ガスレーザーとエルビウムヤグレーザーです。炭酸ガスレーザーはクリーム状の麻酔を使用してからレーザーを照射します。レーザーを照射した組織は一時的に焦げた状態になってしまっているため、約1週間ほど保護テープを貼る必要があることも多く、その点には注意が必要です。そしてレーザー照射後しばらくは色素沈着を防ぐためにも日焼けを避けなければなりません。メイクはレーザー照射部位以外は問題なく出来ますが、リゾートへ遊びに行くなどの予定がある方ならその時期を避けたり、出来るだけ日焼けの機会が少ない時期を選ぶことが綺麗に治すコツです。

 

そしてエルビウムヤグレーザーは炭酸ガスレーザーに比べて比較的痛みが少なく、麻酔を使用せずに施術することが多い治療法です。治療後に赤みが出たり色素沈着の恐れが少ないとされているため、稗粒腫の取り方として皮膚科で推奨されていることも多いのが特徴です。レーザーの照射範囲が比較的広く、大きい稗粒腫にまで対応することができます。エルビウムヤグレーザーではレーザー照射部位から出血することがありますが、圧迫などによる止血で対処することが出来ます。

 

但し、皮膚科は治療費が保険適応範囲外となることが多く、治療費について明確な金額がわからなくて不安になることも多いでしょう。その場合は、美容外科の方があらかじめ料金体系や無料カウンセリングで治療法・価格については事前に相談することができます。

 

30年の実績がある大手の品川美容外科は、全国にあるので安心ですよ。まずは無料カウンセリングの申し込みで相談を。

【公式】品川美容外科

 

日常生活における稗粒腫を防ぐ方法

このように出来てしまった稗粒腫は皮膚科で対処出来ますが、費用もかかってしまうため稗粒腫が出来る原因を取り除くことも大切です。先に述べた通り、生活リズムや食生活を見直すことは稗粒腫を防ぐ方法として有効です。

合わせて毎日のクレンジングを見直してみることもおすすめします。ウォータープルーフのメイクもするっと落ちるようなクレンジング料は洗浄力がとても強い場合が多く、洗浄力が強くなればなるほどお肌への刺激も強くなってしまいます。そして必要な油分までも取り除いてしまうことで、逆に肌の油分の分泌を増やしてしまうこともあるのです。ポイントメイクリムーバーなどを必要に応じて使用することで、お肌への負担を減らしましょう。

 

そして保湿もしっかり行い、お肌のターンオーバの正常化を助けてあげることも重要です。お肌のターンオーバーを正常化させないことには、今ある白いポツポツがなくなることはありません。お肌の正しいケアを継続することで稗粒腫が出来る原因を極力減らし、綺麗なお肌を維持しましょう。

 

アンチエイジングで美しくなるためには、コスパもよいデイリーの化粧品が必要!目の下の白いポツポツに効果があり、12年勤務の現役皮膚科の先生が開発された化粧品が今、ざらざら肌でお悩みの方に話題です。

 

1個あたり890円!?驚きの価格で目の下の白いポツポツを撃退!!

>>>詳しくはこちら